前へ
次へ

中古物件でも一戸建てに人気が

住宅やマンションの購入が一生に一度と言う時代は終わり、二度目の購入と言う人も多くなっています。
その中でも目立つのが都心へ回避する人が増えており、田舎への移住は逆に少なくなっていると言われます。
高齢化することで田舎生活に不安を感じるようになり、田舎の一戸建て住宅から都会でのマンション暮らしを希望するのでしょう。
地方の人口減少傾向が、地方の不便さを象徴していると思われます。
高齢者になればなるほど、便利な生活環境が求められるからです。
最近特に言われる高齢者の交通事故問題でも、田舎暮らしには車が不可欠になりますが、都会では交通の便にも心配なく、生活出来る良さがあります。
今、田舎で空き家になった一戸建て住宅を求める若者が増えて来ました。
新築住宅を購入しても、ローンの支払いが大変となることから、中古の一戸建て住宅を求める人が多くなっています。
そこにあるのは、リフォームなりリノベーションをすることで、新築同様の住まいになると言うことを知っているからです。
着実な人生の送り方の一つと考えられます。

Page Top