前へ
次へ

一戸建て住宅を購入し見て思ったこと

昔は、一戸建て住宅を購入した経験があります。
一戸建て住宅を購入した時には、様々なことが言われていましたが事実と違うようなこともよくありました。
それは、備品や設備などが壊れてしまう期間は意外と身近いという話しです。
実際に、10年以上経過しても給湯器などはいまだに壊れていません。
そのため、実際に住宅を購入する時も、そこまで消耗品について気にする必要はないでしょう。
また、住宅建築をする場合には、10年に一度は外壁塗装しなければならないと言われたことがありました。
ですが実際には、10年以上経過しても外壁自体はしっかりしておりそう簡単に劣化するものではりません。
下手をすれば、20年近く外壁塗装しなくても問題ないといえます。
このように、実際に移行で住宅を購入してみて今まで言われていたことを本当に感じたことを合わせてみると、真実でないことが結構多いことがわかりました。
たいていは、誰かがお金を儲けたいためそのようなことを言っているにすぎません。

Page Top